かぜは万病のもと ②

漢方薬は、体力や症状はもちろん、引きはじめ、治りかけなど、かぜの時期でも使い分けます。そのため、一人ひとりにあった治療法を選択することができます。
特に抵抗力が落ちている高齢者には、漢方薬が効果を発揮します。

以下にいくつかの漢方薬をご紹介します。

かぜの初期症状漢方薬(例)
虚弱体質、手足の冷え、咳、鼻水、微熱麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
虚弱体質、下痢、手足・腰の冷え、めまい、倦怠感真武湯(しんぶとう)
胃腸虚弱、神経質、強い不安、頭痛、発熱香蘇散(こうそさん)
かぜが長引いている
(発症3~5日)
症状漢方薬(例)
食欲がない、悪寒と熱感を繰り返す、体力やや低下柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
さらに体力低下、冷えが強い柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
かぜの回復期症状漢方薬(例)
体力が落ち、倦怠感がある補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
空咳・痰がからむ麦門冬湯(ばくもんとうとう)

災害時にも活躍した漢方

東日本大震災のような大規模災害時、厳しい環境にさらされ、多くの健康被害がもたらされます。
そのような緊急時、かぜに対して葛根湯や麻黄附子細辛湯、高齢者に多くみられた低体温症に対して当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)など様々な漢方薬が使用され、効果を発揮しました。

前の記事

かぜは万病のもと ①