当クリニックでは、食道~胃、十二指腸を観察する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と、大腸を観察する大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行っています。
また、苦痛軽減のために鎮静剤(少し眠くなる注射)を使用した胃カメラ・大腸カメラ検査の対応も行っております。

内視鏡検査とは、先端に小型カメラ (CCD) を内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管とは食道・胃・十二指腸を指し、口または鼻から内視鏡を挿入し、これらの部位を観察します。昔から「胃カメラ」と言われてきたものです。 経口内視鏡(口から入れる内視鏡)、経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)に分かれます。
当クリニックでは細い径のカメラである経鼻内視鏡カメラを使い検査を行っております。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

大腸内視鏡検査では、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープやがん、炎症などを診断します。組織の一部をとって顕微鏡で調べることがあります。


お気軽にお問い合わせください。0798-73-8080午前診 9:00〜12:00/午後診 17:00〜19:30