漢方の基本的な考え方は、
人が持っている病気を治す力を高めることです。

誰もがもともと持っている病気と闘い、自然治癒力を高め、身体を整える事を基本にしています。
漢方治療はあらゆる不調・疾患に対応可能であり、西洋薬との組み合わせで西洋薬の治療効果を高めることも可能です。
漢方薬はゆっくりじんわり効果を発揮するというイメージが強いと思いますが、風邪や胃腸炎のような急性疾患でも早期に効果を発揮します。
また気候変動による頭痛や女性特有の月経にまつわる不調などにも対応可能です。副作用がない、というイメージもありますがそういうわけではありません。

漢方薬は、天然物である生薬(薬草の根や茎、葉などの有用部分を乾燥させたものや動物由来のもの、鉱物など)をいくつも組み合わせた薬を使って、正しく選び使用することで、治療効果を発揮します。

当クリニックでは、患者様の顔色や舌の状態、問診や脈診、腹部の診察を行い、これらの診察の結果を総合的に判断し、薬を選択します。
脈の診察では主に急性疾患の診断に、舌の診察では舌の色や形、苔のつき方で、体調を把握します。また、腹部の診察は主に慢性疾患の時に処方薬を決定する指標となります。
このように当クリニックでは、漢方医学の知識を生かし、処方薬を選択し治療を行っております。 

漢方内科の診断について

漢方の診断方法には、四診というものがあり・望診・聞診・問診・切診の総称です。

  • 望 診
    眼による観察・診断で、患者様の体型や歩行などの所作で体全体を観察させて頂くとともに、皮膚や眼の状態など各箇所を診させていただきます。
    各箇所の中には、舌の状態を診させていただく『舌診』といわれる診断も含まれています。
  • 聞 診
    声の大きさや、におい(嗅覚)の有無についての診断です。
  • 問 診
    問診は文字通り、患者様の訴えや症状などを会話によりお伺いし、得る情報です。
  • 切 診
    体の必要箇所を直接触らせていただいて得る情報で、この診断の中には『脈診』や『腹診』が含まれます。

この四診の中でも、特に【望診】に含まれる『舌診』については、舌の色や形態などを診させていただくことで、患者様の体質や病状を知る上で、とても診療に役立ちます。
毎朝、ご自身の舌を鏡でチェックするだけでも健康の自己管理に役立ちますので、一度、試されてみてはいかがでしょうか。

このような症状・疾患をお持ちの方は一度ご相談ください。

  • 肩こり
  • 食欲不振
  • 慢性疲労
  • 冷え性
  • 不眠
  • 肌の乾燥
  • ストレスによるイライラ
  • 便秘
  • 風邪をひきやすい
  • 月経痛、月経不順
  • 更年期障害
  • いずれの検査をしても異常が見当たらないもの など…

※ 当クリニックでは、保険診療内で、煎じる必要のないエキス製剤(医療用漢方薬)を使用いたします。


問診票について

来院の際、問診票を事前にご記入してお持ちいただきますとスムーズに受付・診察ができます。
下記の問診票PDFファイルをダウンロード・プリントアウトして、ご記入の上、当クリニックまでお持ちください。

お気軽にお問い合わせください。0798-73-8080午前診 9:00〜12:00/午後診 17:00〜19:30