当クリニックでは、慢性的な症状があるにもかかわらず、
検査をしても原因が分からないといった未病への対応もしております。

漢方薬について

漢方薬は、何千年もの歴史があり、天然の植物、鉱物、一部の動物などのさまざまな生薬の組み合わせによって、その人の体質に適したからだの症状に対応でき、治療効果のあるものが今日も医薬品として用いられています。
漢方薬?と、少し馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、漢方薬にはドラッグストアなどで市販されているものもたくさんあり、知らず知らずに漢方薬のお世話になっている方もおられるかもしれません。
こうした市販の漢方薬の多くは、一般的な症状で、より多くの人に効くように平均的な処方内容で作られているため、軽い症状の場合に手軽に手に入り使用できる反面、その人の症状や体質など、あまり効かないと感じておられる方もおられます。
ただ、市販薬では効かないからといって漢方薬が効かないという訳ではありません。
また、「漢方」とは鍼灸や食養生も含めた医学を意味しており、「漢方薬」は、漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品のことです。
漢方は、『人間の体も自然の一部』というのが考え方の基本で、『病気ではなく病人をみる』という考えで、体の一部分だけにアプローチするのではなく、体全体の状態のバランスを総合的に見直すといった特徴があります。
そのため、体質や生活習慣などから見直し総合的に整えていきます。

原因がわからないといった未病や全身の倦怠感

疲れやすかったり、なかなか疲れがとれない、なんとなくだるいといった倦怠感や、からだの冷えやほてり、むくみ、食欲不振など、検査をしても異常がみつからないのに体調が優れないといった原因がわからない『未病(みびょう)』なども治療しております。
当クリニックでは、「東洋医学」「西洋医学」の両方からのアプローチで治療を行っており、根本的な体質改善にも効果が期待できます。

女性特有の症状や花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの体質改善

冷え性や月経に伴う不調、妊娠中の心身の不調、不妊、更年期症候群などの女性特有の症状や、花粉症やダニの諸症状、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状、じんましん、皮膚の極度な乾燥などの体質改善にも効果があります。
少しでも気になるところがある場合は、お気軽にご相談ください。